収入証明不要のカードローンの一覧

MENU

収入証明不要のカードローンで楽々キャッシング!!

カードローン・キャッシング各サービスの電車の広告やインターネットの広告などを見ていますと、「収入証明書不要」「所得証明書不要」というキャッチコピーをよく目にするようになりました。

 

インターネット社会になり、どんどん物事が効率化されているので、お金を借りる際にも、収入証明書の提出といった「わずらわしいステップ」があると、どうしても面倒になり申込みから遠ざかってしまうものです。

 

しかし、そういった面倒なステップを不要にして、スピーディーな対応をモットーにしたカードローンがございますので積極的に活用してみてください。

 

収入証明書不要というと、高金利のヤミ金みたいなところを想像するかたもいらっしゃいますが、そういったリスクのない大手のカードローンを厳選して紹介しております。安心してご利用ください。

 

▼アコムなら、50万円まで収入証明不要!▼

収入証明書不要

収入証明不要!のカードローン一覧

収入証明書不要

 

現実的な話をしますと、大手の消費者金融の初回の平均貸付額は、約15万〜20万円といわれています。

 

つまり、収入証明の提出が不要になる条件として、各社バラつきは、ありますが、

 

基本的に、平均貸付額の約15万〜20万円程度のをお金借りる場合は、収入証明の提出を求められることはございません。

 

初めてカードローンをご利用される方は、まず収入証明書は必要ないということです。

 

また、ご紹介するカードローンは、各社WEB契約に対応しており、即日で口座振込みも可能です。お急ぎの方も安心してお申込みください。

 

収入証明不要

アコム・・・50万円まで収入証明書不要のカードローン!はじめての方なら最大30日間無利息です!
アコム

【アコムで収入証明書が必要なケース】○アコムのご利用限度額が50万円を超える場合○アコムのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合○既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

 

アコムの詳細はコチラ   アコムの公式サイトはコチラ

実質年率 融資限度額 保証人
3.0%〜18.0% 800万円 不要

収入証明不要

プロミス・・・50万円まで所得証明書不要のカードローン!
プロミス

【プロミスで収入証明書が必要なケース】◯ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま◯ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま

 

★プロミスは、24時間最短10秒で振込み可能な瞬フリ(振込キャッシング)※も大好評!

 

プロミスの詳細はコチラ

 

プロミスの公式サイトはコチラ

 

★女性オペレーターが対応!パート・アルバイトの方もお申込みできるレディースキャッシングもあります!

 

プロミスレディースの公式サイトはコチラ

実質年率 融資限度額 保証人
4.5%〜17.8% 500万円 不要

※「三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能」「詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。」

収入証明不要

みずほ銀行カードローン・・・200万円まで収入証明不要のカードローン!
みずほ銀行カードローン

【みずほ銀行カードローンで収入証明書が必要なケース】○ご契約額が200万円を超える場合

 

みずほ銀行カードローンの詳細はコチラ

 

みずほ銀行カードローンの公式サイトはコチラ

実質年率 最大限度額 保証人
[エグゼクティブプラン]年3.0%〜7.0%※ 1,000万円 不要

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

収入証明不要

新生銀行カードローン レイク・・・100万円まで収入証明不要のカードローン!
レイク

【新生銀行カードローン レイクで収入証明書が必要なケース】○ご契約額が100万円を超える場合

 

新生銀行カードローン レイクの詳細はコチラ

 

新生銀行カードローン レイクの公式サイトはコチラ

実質年率 融資限度額 保証人
4.5%〜18.0% 500万円 不要

収入証明不要

オリックス銀行カードローン・・・300万円まで収入証明不要のカードローン!
オリックス銀行カードローン

【オリックス銀行カードローンで収入証明書が必要なケース】○ご契約額が300万円を超える場合

 

オリックス銀行カードローンの詳細はコチラ

 

オリックス銀行カードローンの公式サイトはコチラ

実質年率 融資限度額 保証人
3.0%〜17.8% 最高800万円 不要

キャッシングのいろいろ

収入証明不要

キャッシングとは、お金を借りる行為をさしますが、一口にキャッシングといってもいろいろな方法があります。

 

そこで、その方法についてお伝えしましょう。 まず、代表的ともいえるのが、消費者金融会社の提供するキャッシングです。

 

消費者金融からのキャッシングは、その手軽さが一番の魅力です。携帯から、また全国提携のATMから借り入れができます。スマートフォンだと、専用アプリもあります。審査も最短で30分から回答があるものもあります。

 

借りてから30日間は無利息というサービスを提供する会社もあります。急いで借り入れしたい人には強い味方といえるでしょう。ただし、実質金利は高めです。 

 

また、銀行が提供するカードローンもあります。ご利用の限度額を抑えれば、比較的審査も通りやすく、これも手軽に利用できるキャッシングの1つです。現在の法律では、総量規制というものがあり、消費者金融会社からお金を借りる場合には、年収の3分の1までと定められています。銀行のカードローンはこの総量規制の対象外となりますので、これを利用すれば年収の3分の1を超える借り入れが可能となります。また、クレジットカード会社の提供するサービスもあります。ショッピングで利用するカードです。これにも、キャッシング機能を選択によりつける場合が多いので、これを利用することもできます。 以上をもとに、計画性あるキャッシングをうまく利用して下さい。

 

●カードローンは必要、だけれども注意も必要●

 

カードローンはお金を借りる行為、だからこそ出来る限りしたくないと思う方は多いのではないでしょうか。確かにお金を借りると金利が発生してそのため私たちにとってはかなり無駄な利息の支払いをしなければなりません。お金を借りるだけで損することになるので、出来るだけしないようにするのが一番とも言えます。しかし今はカードローンをしてお金を借りるようにする行為自体必要としているのではないでしょうか。

 

そもそもお金がない大変だという状態になることが結構あります。どうしても支払いしなければいけないけれども支払いをするお金がない。結婚式などにお金が必要としているけれどもお金がない。このような状況の時どうしてもお金を用意しなければいけないので、そんな時にはお金を借りるようにするのが一番大きな助けとなります。ですのでカードローンをしてお金を借りるようにするのはかなり必要としている行為です。ただ問題となるのが借り過ぎをしてしまいどうしても支払いができないことです。これは実際に今でも多く、かなりの方がどうしても支払いすることができないんです。こうなると債務整理をするのかそれとも自己破産をするのかなど本当に大変な事態になります。

 

そうならないようにするためにも、まずは借りすぎをする行為自体をやめるようにしなければなりません。借りすぎをする行為で一番多いのが、借金の支払いのためにお金を借りる行為です。この行為をしてしまうとどんどんと借金自体が膨らんでいってしまうので、結局支払い自体ができなくなるんです。なので借金をするのなら、どうしても結婚式そして商品購入の時にお金が必要としている場合で、借金の支払いのためにお金が必要としている場合には使わないようにしましょう。それが大変なことにならないようにするために非常に重要なことで、そして注意を必要としていることです。もしどうしてもお金を借りたいと思っているのでしたら、金融機関などで申し込みをしましょう。

キャッシングの返済で注意したい事柄

●返済期日は守る必要があります●
キャッシング契約をした際に、毎月の返済日、返済額、金利が決められます。これを債権者と債務者の間で取り決めた約定返済と言います。お互いに納得して契約した内容ですので、約定返済は必ず守らなくてはなりません。もし守られなかった場合には、金融会社は然るべき段階を踏んで催促の連絡を入れ、それでも返済が行われない場合に裁判所へ持ち込むことになります。そうなると人生も変わってしまいかねませんので、債務者はそうならないようにきちんと返済を行う必要があります。
●返済が遅れる場合は連絡を●
約定返済は守るべきですが、突然の出費などが重なり返済できなくなってしまう月もあるでしょう。そういった場合には放置するのではなく、自ら連絡を入れる行動が重要です。返済が遅れることには変わりありませんが、自分から連絡を取り、返済が遅れる旨を伝えるだけでも心象がよくなります。キャッシングでは債務者の信用が重視されますので、できる限り心象を良くしておくことが重要でしょう。また、稀なケースですが、連絡を入れておけば延滞金利が免除してもらえるケースもあるようです。こういったケースも返済の注意点として覚えておいてください。
●返済できないなら債務整理を検討する●
どうやっても返済ができない、そんな時には最終手段として債務整理があります。債務整理とは法的に債務を整理する方法で、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産のいずれかの手段を取ることにより借金問題が解決します。どの手段が適しているのかは債務者の条件によるため一概ではありません。弁護士または司法書士に相談して適切な債務整理を行うようにしましょう。
●計画性を持つ●
キャッシングを利用する上で最も重要なのは計画性です。しかし分かっていても、利用していく中でうまく返済計画が立てられなくなってしまうケースもあり、一度計画が崩れると計画を立て直すのは大変なストレスです。そのため、1回でも返済が遅れた場合には返済計画を練り直してみましょう。この時に返済シミュレーションを活用してみてください。面倒な返済計画も簡単に立てることができます。